個展 開催終了

高取焼宗家十三代 高取八山 陶展

[会期]
2021年10月21日(木)~ 10月26日(火) 会場:画廊イタリア軒

高取焼宗家 高取八山 個展 展示会 遠州流
■ 高取焼宗家十三代 高取八山 陶展  HACHIZAN TAKATORI 13 EXHIBITION
■ 会期:2021年10月21日(木)~ 10月26日(火)10:00~17:00 *最終日は15:30まで
■ 会場:画廊イタリア軒(ホテルイタリア軒地下1階)
     新潟市中央区西堀通7番町1574
■作家在廊:10/22(金)、23(土) 
     *状況により変更となる場合がございます。

■ごあいさつ
筑前黒田藩の御用窯であった髙取焼は、渡来陶工・初代八山(八蔵重貞)が1600年に
福岡県直方市郊外の鷹取山南麓に築いた「永満寺窯」にはじまります。
初代八山は士分に取り立てられ、黒田長政公より鷹取山に因んで「髙取」の姓を拝領しました。
それから一子相伝にてその陶技を継承し、現在の十三代当主・高取八山に受け継がれています。
2017年の北九州豪雨での甚大な被害を乗り越え、その復興を期しての今回の個展となります。
コロナ禍という新たな困難の中ではありますが、連綿と受け継がれる高取焼の精神と高い技術を
是非ご清覧いただければ幸いです。茶道に係る皆様の一時の安らぎの場となることを願って。

■13代 高取八山 Hachizan TAKATORI
昭和35年 高取焼宗家12代八山の長男として生まれる
     幼少より、11代静山の許で陶業を学ぶ
昭和61年 京都市立芸術大学陶芸課卒業
平成 2年  大徳寺派廣徳禅寺において、
     福富雪底管長・福富海雲老師の許で修行
     帰窯後、高取焼古窯跡の発掘陶片を元に研究
平成10年 遠州流茶道宗家 宗慶御家元より庵号「無一庵」を拝領
平成12年 高取焼宗家13代八山を襲名する
平成14年 ぎゃらりい栗本にて個展(以後4回)
全国各地にて個展を中心に作品発表を続ける


 

■ 個展作品をWEB個展ページにてご紹介いたします。
 準備が出来ましたらお知らせにてご案内いたします。

■ぎゃらりい栗本にてプレヴュー展示:10/14(木)~17(日)をいたします。

■ 会期中、作家の茶碗にて一服お点ていたします。
 お気軽にお立ち寄りください。
 なお、ご来店の際は、入り口にあるアルコール消毒液にて手指の消毒をして
 いただき、店内ではマスク着用にてご鑑賞ください。

WEB個展 十三代 高取八山 陶展

関連記事

最近の記事

  1. 福西雅之 祥瑞 染付

    祥瑞 染付 福西雅之 陶展

  2. 福西雅之 祥瑞 染付 個展 食器

    【WEB個展】福西雅之 陶展

  3. 福西雅之 祥瑞 染付

    祥瑞 染付 福西雅之 陶展

  4. 山田和 ぐい呑 湯呑 新作 志野 織部

    山田 和 作品更新

月を選択してください
Chinese (Simplified)EnglishJapanese