個展 開催終了

山田 晶 陶展

[会期]
2022年11月4日(金)~ 11月13日(日)



■ 山田 晶 陶展       YAMADA AKIRA EXHIBITION
■ 会期:2022年11月4日(金)~ 11月13日(日)10:30~18:00 *11/9(水)定休日
■ 会場:ぎゃらりい栗本
■ 作家在廊:11/4(金)、5(土)
■ ごあいさつ
  滋賀県大津市の琵琶湖のほとりに工房を構える山田晶さん。
 祖父の代から続く陶家に生まれ、父 山田光は、前衛陶芸団体「走泥社」の
 創始者の一人であり、近代陶芸史に大きな足跡を残しました。
 オブジェと器が交差するような、シンプルでスタイリッシュな佇まいが魅力の作品。
 漆のようなしっとりとした赤い質感が魅力の「猩々緋」シリーズ、柔らかいシックな輝きの
 「プラチナ彩」を中心に展開しています。
 普段使いの器や酒器、茶の湯の道具、存在感ある造形作品など、珠玉の新作が揃いました。
 現店舗での個展も残り2回・・・、是非ご高覧いただければ幸いです。

■ 山田晶 YAMADA Akira
 1959 京都に生れる
 1983 京都府立陶工職業訓練校 修了
 1984 京都市立工業試験場本科 卒業
 1989 「セラミック アネックス シガラキ」(滋賀県立近代美術館)
 1994 「ビヨンド・ベセル」(マクドガルミュージアム ニージーランド)
 1996 「土の周辺」展 (聖ジャック協会 フランス)
 2000 「国際陶芸交流展」(中国美術館 北京)
 2003 「現代韓日陶芸展」(錦湖美術館 ソウル)
 2006 ビヨンド ザボーダー(シンガポール国立図書館)
 2011 ぎゃらりい栗本にて個展(同’18、’22)
 個展を中心に作品発表を続ける

■ 個展作品をWEB個展ページにてご紹介いたしますので、是非ご覧ください。

なお、ご来店の際は、入り口にあるアルコール消毒液にて手指の消毒をしていただき、
店内ではマスク着用にてご鑑賞ください。

WEB個展 山田晶 陶展 公開中

関連記事

最近の記事

  1. 【WEB個展】泉健太郎 漆芸展

  2. 浜田純理 作品更新

  3. 泉 健太郎 漆芸展

  4. 中村 康平 作品更新

月を選択してください