個展/WEB個展 開催終了

對馬 武末 日臣 陶展

[会期]
2015年11月12日(木)~11月22日(日)10:30~19:00

■ 對馬 武末日臣 陶展 ~ 高麗李朝・静謐な佇まい ~ HIOMI TAKESUE EXHIBITION
■ 会期:2015年 11月 12日(木)~ 11月 22日(日)10:30~19:00
*11/18(水)定休日
■ 会場:ぎゃらりい栗本
■ 在廊:11/13(金)~14(土)

■ ごあいさつ
「国境の島」とも呼ばれる ————- 対馬。
空気の澄んだ日には水平線の彼方に韓国を望む、日本最北西端の地。
その地で、代々の「対州国島大国魂神社神職」という肩書きをもちながら、
ただひたすらに高麗・李朝陶磁を追い求める、陶工・武末日臣。
海を越え、彼の地に幾度も渡る中で、小さな陶片が語る夢物語に耳を傾けて
います。自身の憧れる高麗・李朝陶磁に、どこまで迫ることができるか・・・。
無為の境地で、土と炎と葛藤する中で育まれた、静謐な武末日臣の陶磁の世界。
井戸を中心に粉引・奥高麗・三島・刷毛目・斗々屋・黒高麗など、新たに取り
組む御所丸も発表いたします。是非ご高覧ください。


■ 武末 日臣 ( Hiomi TAKESUE )
 1955年 長崎県対馬に生れる
 1977年 上対馬高校卒業、上対馬役場に勤務
 1989年 高麗李朝陶磁研究のために渡韓
      井戸、三島等の古窯跡の発掘調査を行う
      以後、毎年渡韓し、調査研究に携わる
 1990年 武末家が代々務める「対州国島大国魂神社」の神職となる
 1944年 対馬大浦に築窯
 2008年 ぎゃらりい栗本にて個展
 2011年 ぎゃらりい栗本にて個展
 2015年 ぎゃらりい栗本にて個展
 全国各地にて個展を中心に作品発表を続ける

■ ギャラリートークのご案内(予約不要・参加無料)

  11月13日(金)14:30~
  11月14日(土)14:30~

 武末日臣先生に、高麗李朝陶磁についてのお話をしていただきます。
 作家コレクションの陶片をご覧いただきながら、作り手の思いに耳を傾けて
 いただければ幸いです。
 お気軽にご参集下さい。

関連記事

最近の記事

  1. 新里明士 白磁 蛍手

    新里 明士 陶展

  2. 川端文男 備前 自然練込 茶碗 ぐい呑 花入

    川端文男 作品更新

  3. 新里明士 個展 白磁 EXHIBITION

    【WEB個展】 新里明士 陶展

  4. 新里明士 白磁 蛍手

    新里 明士 陶展

月を選択してください
Chinese (Simplified)EnglishJapanese