個展/WEB個展 開催終了

川端 健太郎 陶展

[会期]
2017年4月20日(木)~4月28日(金)10:30~19:00

■ 川端健太郎 陶展 KENTARO KAWABATA EXHIBITION
■ 会期:2017年 4月 20日(木)~ 4月 28日(金)10:30~19:00
*4/26(水)定休日
■ 会場:ぎゃらりい栗本
■ 作家在廊:4/21(金)~4/22(土)

■ ごあいさつ
独自の世界観を磁土を通して表現するアーティスト・川端健太郎。
私たちが何気なく見過ごしてしまうような四季の移り変わりや、小さな虫の息吹、
植物の芽吹きや土に還る様・・・。そんなちょっとした、ほんのささいな自然の
うつろいが、彼の物語となって作品に紡がれています。
とても繊細で愚直に、そして無垢な思いで磁土と向き合う彼の生き方に、私は共感しています。
新潟での初個展となる彼の世界を、是非ご高覧いただければ幸いです。

■ 川端健太郎   Kentaro KAWABATA
 1976 埼玉県さいたま市生まれ
 1998 東京デザイナー学院工芸工業科陶芸コース卒業
 2000 多治見市陶磁器意匠研究所修了
     出石磁器トリエンナーレ入選
 2001 織部の心作陶展 大賞
 2002 朝日現代クラフト展 入選
     益子陶芸展 審査員特別賞
     朝日陶芸展 入選
 2003 カルージュ国際陶芸展入選
 2004 益子陶芸展 加守田章二賞
 2007 第2回パラミタ陶芸大賞展 大賞
     第1回牛田コレクション選定
 2009 現代工芸への視点 装飾の力 展(東京国立近代美術館)
     京畿道世界陶磁ビエンナーレ 世界現代陶磁展(韓国)
 2011 カラー「やきものの密かな関係」(岐阜県現代陶芸美術館)
     ぎゃらりい栗本 陶のかたち 出展 
 2012 MINO CERAMIC NOW 2012(岐阜県現代陶芸美術館)
 2014 アートフェア東京2014(東京国際フォーラム)
     現代・陶芸現象(茨城県陶芸美術館)
 その他入選受賞多数、個展を中心に作品発表を続ける

関連記事

最近の記事

  1. 新里明士 白磁 蛍手

    新里 明士 陶展

  2. 川端文男 備前 自然練込 茶碗 ぐい呑 花入

    川端文男 作品更新

  3. 新里明士 個展 白磁 EXHIBITION

    【WEB個展】 新里明士 陶展

  4. 新里明士 白磁 蛍手

    新里 明士 陶展

月を選択してください
Chinese (Simplified)EnglishJapanese