個展/WEB個展 開催終了

~土をやく~ 加藤委 陶展

[会期]
4月9日(木)~ 4月19日(日)10:30~18:00

■ 会期:2020年 4月9日(木)~ 4月19日(日)10:30~18:00
*4/15(水)定休日
■ 会場:ぎゃらりい栗本

■ 会期:2020年 4月23日(木)~ 4月26日(日)10:00~17:00
*最終日は15:30まで
■ 会場:画廊イタリア軒(ホテルイタリア軒B1F)
新潟市中央区西堀通7番町1574

■ 作家在廊は新型肺炎の影響を考慮して取りやめといたしました。
  残念ではありますが、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

■ ごあいさつ
国焼の聖地ともいうべき岐阜県多治見市にて作陶を続ける加藤委。
「土を切る」という斬新な手法を用いて、磁土の可塑性の限界に挑戦し、シャープで美しい青白磁の仕事を発表してきました。
今展では、ここ数年意欲的に取り組んでいる、穴窯焼成による土ものを中心に近作150点をご紹介いたします。
青々と茂るねずの木の脇に築窯された、多治見で二基目となる穴窯・・・・。
加藤委が見据える「土」による新たな表現世界を、是非ご高覧くださいませ。

                       ぎゃらりい栗本

■ 加藤委 (Tsubusa KATO)
 1962年 多治見市小名田町に生れる
 1979年 多治見市意匠研究所修了
 1986年 尼ケ根古窯発掘調査参加
 1998年 NHKBS2やきもの探訪 放映
 2002年 岐阜県現代陶芸美術館「現代陶芸の100年展」
 2009年 ぎゃらりい栗本にて個展(’13、’15、’20)
 2013年 平成24年度日本陶磁協会賞受賞
      第7回円空大賞受賞
      多治見市小名田町に新窯築窯
 2015年 うぶすなの家(新潟県十日町市)にて茶会
 2016年 PUNK 工芸−魂の救済(樂翠亭美術館)(’17茨城県陶芸美術館)
 国内外にて個展を中心に作品発表を続ける
 国内外の美術館に作品収蔵

■ 会期中、作家の茶碗にて一服お点ていたしますので、お気軽にお立ち寄りください。
なお、ご来店の際は、入り口にあるアルコール消毒液にて手指の消毒をお願いいたします。
また、店内ではマスク着用にてご鑑賞ください。

個展作品の紹介

関連記事

最近の記事

  1. 新里明士 個展 白磁 EXHIBITION

    【WEB個展】 新里明士 陶展

  2. 新里明士 白磁 蛍手

    新里 明士 陶展

  3. 佐藤正一 作品更新 井戸 三島 粉引

    佐藤正一 作品更新

  4. ぎゃらりい栗本の定休日

    4月の定休日のお知らせ

月を選択してください
Chinese (Simplified)EnglishJapanese