個展/WEB個展 開催終了

三代 橋村 萬象 展

[会期]
2015年6月25日(木)~ 6月30日(火)10:30~19:00

■ 木具師の仕事 三代 橋村萬象 展  BANSYO HASHIMURA EXHIBITION
■ 会期:2015年 6月25日(木)~ 6月30日(火)10:30~19:00
■ 会場:ぎゃらりい栗本
■ 来店:6月25日(木)~27日(土)の予定

■ ごあいさつ
千年以上の歴史を古都・京都とともに歩んできた木具師 橋村家。
有職御木具師としての伝統技法を継承しつつ、現代(いま)という時代を
反映した独自の世界観を確立しています。
杉や檜の白木の一枚板で作られる「曲げ」繊細な技が光る「折だめ」、幾重にも
重ね積み上げられた「置上」木目の割肌を際立たせる「片木目」・・・・・
千年の歴史と伝統が育む、茶器木具師・橋村萬象の仕事を是非ご高覧下さい。


■ 三代 橋村萬象 略歴 ( BANSYO HASHIMURA )

橋村家は平安遷都の時、奈良より皇室の共をして京都に移住。
以後、橋村又左衛門の名で名字帯刀を許され、数十代にわたり御所禁裏御用の
「有職御木具師」として幕末まで皇室の御用を賜る(檜による曲物など)。
東京遷都以後、公家の御用を賜りながら「茶器木具師」として茶道具を作り始める。(主に秋田杉・吉野杉・尾州檜による曲物など。)茶器木具師となり三代目の又左衛門が大徳寺管長より「一刀萬象」(一の刀より萬の象を作る)の名を拝受し、萬象を名のる。

  平安遷都 「有職御木具師」 橋村又左衛門
  江戸幕末 「茶器木具師」  初代 又左衛門
                二代 又左衛門
                三代 又左衛門(後の初代萬象)
                初代 芸誉萬象
                二代 清岳萬象
                当代

  1959年 先代萬象の長男として京都に生まれる
       祖父である初代萬象に師事
       後に日本画家山本紅雲に師事
       曲物制作に加え胡粉による置上や色絵付けを手掛ける
  2008年 橋村誠人・猪熊佳子「共奏展」開催(高島屋京都店)
       三代萬象を襲名
       以後、各地にて個展・講演会を開催
  2011年 ぎゃらりい栗本にて個展
  2015年 ぎゃらりい栗本にて個展


■ 作家在廊中にギャラリートークを開催いたします。

関連記事

最近の記事

  1. 藤ノ木土平 朝鮮唐津茶碗 窯変 佐賀県

    藤ノ木 土平 作品更新

  2. 岸野寛 作品掲載 花入 茶碗 酒器 食器

    岸野寛 作品更新

  3. 若杉聖子 白磁 鋳込 可憐 個展

    若杉 聖子 陶展

  4. 若杉聖子 個展 白磁 展示会

    【WEB個展】 若杉聖子 陶展

月を選択してください
Chinese (Simplified)EnglishJapanese