個展/WEB個展 開催終了

高取焼宗家十三代 高取八山陶展

[会期]
2017年5月11日(木)~5月16日(火) 10:30~19:00
高取焼宗家 高取八山 遠州七窯

■ 高取焼宗家十三代 高取八山 陶展 HACHIZAN TAKATORI EXHIBITION
■ 会期:2017年 5月 11日(木)~ 5月 16日(火)10:30~19:00
■ 会場:ぎゃらりい栗本
■ 作家在廊:5/11(木)~5/14(日)

■ ごあいさつ
筑前黒田藩の御用窯であり、遠州七窯の筆頭である高取焼。
その初代八山・八蔵重貞から一子相伝で受け継がれる直系が13代高取八山です。
四百年を経た現在も、長石や陶土を唐臼で搗き、登り窯や穴窯による焼成による
作品制作をされています。多彩な釉薬を用いて表現される繊細優美な「綺麗さび」の世界。
品格ある佇まいの茶陶や食器など近作100余点をご紹介いたします。
高取中興の祖である11代静山、当代の父である12代八山の作品も併せて展観いたします。



■ 13代 高取八山   Hachizan TAKATORI 13
  昭和35年 高取焼宗家12代八山の長男として生まれる
        幼少より、11代静山の許で陶業を学ぶ
  昭和61年 京都市立芸術大学陶芸課卒業
  平成 2年  大徳寺派廣徳禅寺において、
福富雪底管長・福富海雲老師の許で修行
          帰窯後、高取焼古窯跡の発掘陶片を元に研究
  平成10年 遠州流茶道宗家 宗慶御家元より庵号「無一庵」を頂戴する
  平成12年 高取焼宗家13代八山を襲名する
  平成14年 ぎゃらりい栗本にて個展(以後3回)
  全国各地にて個展を中心に作品発表を続ける

関連記事

最近の記事

  1. 新里明士 白磁 蛍手

    新里 明士 陶展

  2. 川端文男 備前 自然練込 茶碗 ぐい呑 花入

    川端文男 作品更新

  3. 新里明士 個展 白磁 EXHIBITION

    【WEB個展】 新里明士 陶展

  4. 新里明士 白磁 蛍手

    新里 明士 陶展

月を選択してください
Chinese (Simplified)EnglishJapanese