三代 島田竹宝斎 CHIKUHOSAI SHIMADA Ⅲ

京都にて制作活動を続ける竹工芸師 島田竹宝斎氏は竹割りから籠編み・染め・拭漆など、全ての行程を1人で手掛けています。多彩な良材を用い、生粋の職人気質による繊細で大らかな仕事は、素朴ながらも格調高い風韻です。
伝統的技法に重点をおきつつも、現代的エッセンスも感じられる独自性ある表現も魅力です。

< 経歴 >

昭和29年 京都に生まれる
  初代、二代竹宝斎に師事
平成9年 三代竹宝斎を襲名
平成29年 ぎゃらりい栗本にて個展

家伝の技術継承とともに、古来からのもと現代のものに自己表現を加味した作品制作を続ける

Chinese (Simplified)EnglishJapanese