三代 前端春斉 SYUNSAI MAEHATA Ⅲ

加賀漆器の名跡・前端家八代目として、国内外で活躍する。
加賀蒔絵ならではの繊細優美な意匠の茶器や、 希少な「陶漆漆器」による作品を制作。陶漆とは素焼きの陶器を素地とし、 生漆を吸い込ませ焼き付ける技法。古来あったが幕末で途絶えていたものを復興制作した珍しい作品となります。

前端春斉 加賀蒔絵 山中塗 漆器

< 経歴 >

昭和39年 前端雅峯の長男として生る(前端家八代目)
昭和57年 植松包美門下の保谷美成に入門
昭和60年 相国寺梶谷宗忍老大師命名の「春斉」継承
昭和61年 野村美術館にて父子展
昭和63年 米国で蒔絵技法の公開実演
平成4年 高円宮殿下の御前にて蒔絵技法を実演、
「琳派鹿ニ紅葉蒔絵硯箱」献上
平成15年 建長寺創建750年修復事業の漆工部門を拝任
大徳寺高田明浦管長就任に際し色紙箱を謹作
アジア美術館(米):蒔絵公開実演、作品寄贈
平成17年 デンバー美術館(米):蒔蒔絵公開実演、作品寄贈
平成21年 相国寺有馬頼底管長より「春斉」の号を賜る
平成22年 尾張藩幻の名窯豊楽焼(陶胎漆器)を研究復刻
オックスフォード・アシュモレアン美術館に作品寄贈
平成27年 ぎゃらりい栗本にて個展
令和3年 ぎゃらりい栗本にて個展

全国各地にて個展を中心に作品発表を続ける

Chinese (Simplified)EnglishJapanese