横山 直樹 NAOKI YOKOYAMA

憧れの川端文男氏に師事し、備前次世代を担う作家の一人として活躍する横山直樹さん。師から学んだ「自然練込」技法を駆使し、独自の造形とより土の真の迫力に迫る作品造りに注力しています。力強くも穏やかな練込の土肌に、シンプルでモダンなフォルム。登り窯でじっくりと焼成された土肌は、しっとりとした緋襷、豪快な灰被、瑞々しい黄胡麻、爽快な火色など多彩な表情を見せています。伝統の備前にその身を置きつつも、常に今という次代を意識した、カジュアルで心地良い作行きが魅力の作家です。

横山直樹 備前 自然練込

< 経歴 >

昭和45年 備前焼作家横山秋水の次男として生れる
平成元年 岡山県立邑久高等学校卒業
平成 4年 川端文男に師事
平成 6年 第12回田部美術館茶の湯造形展 入選
平成 9年 第48回岡山県美術展 入選
平成10年 日本伝統工芸中国支部展 入選(以後入選)
平成11年 第50回岡山県美術展 奨励賞
平成12年 独立築窯
平成13年 第18回田部美術館茶の湯造形展 入選
平成14年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成15年 日本伝統工芸展入選
平成18年 ぎゃらりい栗本にて個展

 

作品がありません。

Chinese (Simplified)EnglishJapanese