山田 和 KAZU YAMADA

日展作家の父と山田常山(人間国宝)を伯父にもつ山田和さんは、加藤唐九郎先生の茶碗に触発され「桃山陶」を見据えた作陶を続けています。絶対無二の師である唐九郎先生の言葉「越前の土でいい志野ができる」に従い、越前宮崎村にて制作活動をされています。重量感ある本格派の志野を中心に、赫釉織部、青織部、黄瀬戸、瀬戸黒など、玄人を唸らせる存在感ある作品。その桃山陶に対する強い思いを感じてみて下さい。

山田和 越前 志野 織部 赫釉織部

< 経歴 >

昭和29年 愛知県常滑市生まれ
昭和51年 大阪芸術大学卒業
越前に築窯(加藤唐九郎氏を師に作陶に専念する)
昭和63年 ドイツにて穴窯制作(ヤン・コルヴィツ陶房)
記録映画「炎より生まれる」製作に参加
(マークスツェルナープロダクション)
平成元年 ドイツにて作品制作、初窯
平成 9年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成14年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成14年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成16年 ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅠ」
平成18年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成22年 ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅥ」
平成24年 ぎゃらりい栗本にて個展(平成式彩色土偶)
平成29年 ぎゃらりい栗本にて個展

各地にて個展を中心に作品発表

Chinese (Simplified)EnglishJapanese