山田 晶 AKIRA YAMADA

昭和陶芸史に大きな足跡を残した創泥社の創始者の一人、父 山田光の薫陶を受けた山田晶さん。まるで漆のような質感を持つ「猩々緋」は、施釉・焼成・研磨という地道な作業を丹念に何度も繰り返すことで生れます。深い奥行きのあるその器肌は、従来のやきものの概念を新たなステージへと誘う雰囲気を感じさせます。落ち着いた枯せた風韻のプラチナ彩(白金彩)も手掛け、そのシンプルな造形と独自の釉薬表現がモダンで洗練された世界を創造します。

山田晶 京都 滋賀 猩々緋 プラチナ彩

< 経歴 >

1959 京都に生れる 父は山田光
1983 京都府立陶工職業訓練校 修了
1984 京都市立工業試験場本科 卒業
1986 日本クラフト展(同’88) 朝日陶芸展 入選
1989 「セラミック アネックス シガラキ」(滋賀県立近代美術館)
1994 「ビヨンド・ベセル」(マクドガルミュージアム ニージーランド)
1996 「土の周辺」展 (聖ジャック協会 フランス)
2000 「国際陶芸交流展」(中国美術館 北京)
「光の茶会」(京都芸術センター 京都)
2003 「現代韓日陶芸展」(錦湖美術館 ソウル)
2006  ビヨンド ザボーダー(シンガポール国立図書館)
2007 朝日現代クラフト展 招待出品
2009 「陶のかたちⅥ」ぎゃらりい栗本
2011 ぎゃらりい栗本にて個展
2018 ぎゃらりい栗本にて個展

全国各地にて個展を中心に作品発表

Chinese (Simplified)EnglishJapanese