村田 眞人 MAKOTO MURATA

独特のタッチで描かれる村田眞人さんの色絵磁器のうつわ。赤絵や呉須によって描かれたユーモラスで温かみのあるオコゼやカニに京野菜、色とりどりの花・・・。画一的な造形ではなく、一つ一つ心を込めて形作られたその姿だからこそ、村田氏の運筆がより映えるように感じます。写実的なようでいて、愉快で温もりのある村田氏独特の世界観が魅力です。

村田眞人 京都 清水焼 色絵

< 経歴 >

昭和31年 京都に生れる
昭和51年 嵯峨美術短期大学日本画科卒業
父八代目亀水のもとで作陶指導を受ける
村田陶苑先生に運筆の指導を受ける
昭和53年 京都府工芸美術展 入選(以後多数)
昭和57年 日本伝統工芸展入選(以後多数)
昭和58年 日本工芸会近畿支部展 日本工芸会賞
平成元年 「土の子会」結成 出品
平成10年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成12年 日本工芸会近畿支部長賞
平成14年 日本工芸会近畿支部展にて
都府教育委員会教育長賞
平成15年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成18年 ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅢ」
令和元年 ぎゃらりい栗本にて個展

 

Chinese (Simplified)EnglishJapanese