丸田 宗彦 MUNEHIKO MARUTA

古唐津を深く研究し、温かみのあるしっとりとした作品を制作する丸田宗彦さん。古唐津を手本にした、「土」「釉」「焼」にこだわる作品製作をされています。「唐津の釉薬は土・・・」と語る丸田氏は、登り窯と穴窯を使い分け、時には登り窯で焼成したものを穴窯で再度焼成するなど、独自の唐津を制作しています。その魅力は、穏かで優しい造形、穴窯でじっくり焼成された柔らかな肌合いと釉調、そして素朴で温和な丸田氏本人の人柄にあるのではないでしょうか。

丸田宗彦 唐津

< 経歴 >

昭和36年 丸田正美の次男として生まれる
昭和55年 浜田庄司氏の三男篤哉氏に師事
昭和59年 黒牟田に帰り作陶を始める
昭和60年 西部工芸展入選(以後入選多数)
昭和61年 西日本陶芸展入選、九州新工芸展入選
一水会展 入選(以後入選多数)
昭和62年 内田皿屋窯を開窯
九州山口陶磁展 入選(以後入選多数)
日本伝統工芸展 入選
平成12年 皿屋川登り窯開窯
平成15年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成17年 ぎゃらりい栗本「陶のかたち」出展
ぎゃらりい栗本にて個展
平成20年 野村美術館「高麗茶碗への挑戦」出品
平成21年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成23年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成25年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成27年 ぎゃらりい栗本にて個展
令和元年 ぎゃらりい栗本にて個展

全国各地にて個展を中心に作品発表

Chinese (Simplified)EnglishJapanese