堀 一郎 ICHIRO HORI

瑞浪市の山深い地に工房をかまえ、俗世間から隔離された大自然のの中でやきもの三昧の生活を送る堀一郎さん。余計な雑音のない澄んだ空気を感じながら、ただ一人轆轤に向かい自ら築いた穴窯に薪をくべる日々。「いいやきものをつくりたい・・・。」その思いが見せる素朴で力強い作品は、桃山陶を髣髴とさせる凄味と寛容さを兼ね備えています。動と静が見事なせめぎ合いで均衡を保ちつつ、その洗練された造形としっとりとした土味、雅味ある枯せた釉調が三位一体の世界を見せてくれます。「志野」「鼠志野」「黄瀬戸」「瀬戸黒」「唐津」など、穴窯焼成によるこだわりの作品を是非ご覧下さい。

堀一郎 瑞浪 志野 黄瀬戸 瀬戸黒 鼠志野

< 経歴 >

昭和27年 岐阜県瑞浪市に生まれる
昭和46年 多治見工業高校デザイン科卒
加藤孝造氏に師事
  以後、朝日陶芸展・中日国際陶芸展・東海伝統工芸展
日本伝統工芸展等に出品
昭和59年 瑞浪市大湫に穴窯を築窯
この頃より、公募展をはなれ個展のみの発表となる
平成 9年 瑞浪市土岐町に工房を移転
平成18年 ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅢ」出展
平成20年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成23年 ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅧ」出展
平成24年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成28年 ぎゃらりい栗本にて個展

全国各地にて個展を中心に作品発表

Chinese (Simplified)EnglishJapanese