西端 正 TADASHI NISHIHATA

丹波の代表作家として活躍する西端正さん。豪快な面取りによる力強い造形に、繊細な表情の灰釉や、赤土部によるしっとしりた表情の作品を制作されています。日本六古窯の一つである丹波の伝統を守りつつ、創造性豊かな存在感ある作品が魅力です。

< 経歴 >

昭和23年 兵庫県篠山市生まれ
昭和44年 作陶を始める
昭和61年 日本伝統工芸展入選(以後多数))
昭和63年 日本工芸会近畿展松下賞
平成元年 日本伝統工芸展日本工芸会総裁賞
日本陶芸展入選(平成3 同入選)
平成 2年 田部美術館茶の湯造形展 奨励賞
平成 3年 田部美術館茶の湯造形展 大賞
平成 4年 田部美術館茶の湯造形展 優秀賞(以後2回)
平成11年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成16年 ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅠ」出品
平成20年 ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅤ」出品

各地にて個展多数開催

作品がありません。

Chinese (Simplified)EnglishJapanese