塚本 治彦 HARUHIKO TSUKAMOTO

「織部」を中心に、志野・黄瀬戸・伊賀などを手掛ける塚本治彦さん。かつての茶人武将・古田織部の精神性を大切にしつつ、オリジナリティある造形が魅力です。深みのある緑から枯せた黄味がかった緑へと絶妙なグラデーションを見せる織部釉。しっかりと高温で焼成した格調ある志野。地味で素朴ながらもしっかりとした自己主張を感じる黄瀬戸。爽快な雰囲気が心地良い独創性のある伊賀織部。「破綻の美学」であるオリベイズムを楽しませてくれる作家です。

< 経歴 >

1959 岐阜県土岐市に生まれる
1977 野中春清に師事(志野焼技法の薫陶を受ける)
1978 愛知県立瀬戸窯業職業訓練校卒業
1980 多治見市陶磁器意匠研究所卒業
1981 浅井礼二郎に師事
1985 土岐市駄知町に北斗窯築窯
2010 ぎゃらりい栗本にて個展

日本伝統工芸会正会員
朝日陶芸展 グランプリ受賞
現代茶陶展 銀賞
淡交ビエンナーレ展 特別賞、岐阜県芸術文化奨励賞
その他入選、受賞多数、全国各地にて個展を開催

作品がありません。

Chinese (Simplified)EnglishJapanese