高力 芳照 YOSHITERU TAKARIKI

高校を卒業した年に備前の名跡・金重素山・有邦父子に弟子入りした高力芳照さん。実直で多くを語らない物静かなお人柄です。ぼってりとした素朴な造形に、王道備前を感じさせる窯変や黄胡麻、桟切りなどの迫力ある景色。金重素山先生の最後の弟子であり、有邦氏唯一の弟子でもあるという貴重な存在。特に、素山先生から受け継いだ「火襷」に対しての思いは強く、火色の発色と共に、最大の肝である繊細で大らかな土味を引き出すことで、より魅力ある緋襷を目指しています。

< 経歴 >

1970 兵庫県赤穂市に生まれる
1989 金重素山氏、金重有邦氏に師事
1998 閑谷に築窯独立
1999 初窯
2002 田部美術館茶の湯造形展 入選(以後多数)
2013 ぎゃらりい栗本にて個展

全国各地の百貨店・ギャラリーにて個展開催

作品がありません。

Chinese (Simplified)EnglishJapanese