志賀 暁吉 AKIYOSHI SHIGA

日本陶芸展「大賞 桂宮賜杯」を最年少で受賞するという快挙を成し遂げて、一躍にその存在感を示した志賀暁吉さん。重厚で心地よい稜線のシンプルな造形に、人肌の温もりを感じさせる格調高い青瓷釉。「雨過天晴の青」と言われる湿度感あるしっとりとした釉調は、多くの愛好家を唸らせるクオリティです。東日本大震災での被災という苦難を乗り越え、さらに高みを目指すその強く逞しい意志。今後のさらなる飛躍が楽しみです。

志賀暁吉 福島 青磁 米色瓷

< 経歴 >

1977 福島県浪江町に生まれる
2000 文化学院芸術専門学校陶磁科卒業、鈴木三成氏に指導を受ける
2004 日本伝統工芸展に入選(以後07,08,10入選)
東日本伝統工芸展(以降05~11,16,17入選)
2005 日本陶芸展 入選
2007 日本陶芸展「大賞 桂宮賜杯」受賞
2009 菊池ビエンナーレ展 入選
2010 日本工芸会正会員に認定される
2011 東日本大震災にて被災し、
自宅・工房が警戒区域にに指定され避難生活
2014 福島県新地町に移住、築窯
現代・陶芸具象(茨城県陶芸美術館)
2016 現代茶陶展 入選
現代陶芸・案内(茨城県陶芸美術館)
2017 ぎゃらりい栗本にて個展
2020 ぎゃらりい栗本にて個展

全国各地にて個展開催

Chinese (Simplified)EnglishJapanese