小山 智徳 TOMONORI KOYAMA

パワースポットとしても有名な信州戸隠にて制作活動を続ける小山智徳さん。名工 瀧口喜平爾氏との出会いから、桃山時代に思いを馳せた織部を中心に手掛けています。昨今の織部作品では珍しくなった、登り窯による焼成。伝統美を基調とした素朴で渋みのある作品ながら、原点であるオリベイズム(遊び心)を感じさせる独自の作品世界へと昇華されています。

< 経歴 >

1953 長野市に生れる
1978 瀧口喜兵爾氏に出会い作陶をはじめる
1980 信州戸隠にて登窯築窯
1986 長野にて初個展
2003 NHKBS 器夢工房にて放映
2011 「現代日本の陶芸」
ARTBOXインターナショナル 掲載
2013 ぎゃらりい栗本 陶のかたちⅩ 出展
2018 ぎゃらりい栗本にて個展

全国各地にて個展を中心に作品発表を続ける

Chinese (Simplified)EnglishJapanese