小島 憲二 KENJI KOJIMA

重厚な造形に、美しいビードロや焦げ、灰被りが魅力の、最上の焼き物である伊賀。その伊賀の根底に流れる織部イズムを、独自の解釈で表現した強靭で遊び心ある造形。穴窯で1300度近い高温でじっくりと焼成された土肌には、美しくも豪胆な自然釉が魅力的です。いかにも「伊賀」という王道の佇まいを感じさる本格派の作家です。

小島憲二 伊賀

< 経歴 >

1953 愛知県知多市生まれ
1971 県立常滑高校窯業科卒業
1973 伊賀にて1年間作陶
1974 岡山県備前にて5年間修行
1979 再び伊賀にて作陶
古窯跡地に現在の穴窯を築く
2002 ぎゃらりい栗本にて初個展
2004 ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅠ」
2008 ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅤ」

朝日陶芸展、中国国際陶芸展、伝統工芸支部展、
陶芸ビエンナーレ展、日本陶芸展など入選・受賞多数
デンマーク国立博物館「陶箱」買上
全国の各地にて個展を中心に作品発表

作品がありません。

Chinese (Simplified)EnglishJapanese