鯉江 良二 RYOJI KOIE

昭和・平成を駆け抜けた現代陶芸の鬼才・鯉江良二さん。自由奔放でありながら強いメッセージ性を持つ作品は多くの愛好者を虜にしました。伝統をベースとしながらも、それに反するような独自の世界観を土を通して表現しています。一つのところにとどまることなく、精力的に国内外にて常に新たな方向性を追い求めるその強靭で自由な精神。その作品で日本陶芸家を牽引し、一つの時代をつくった作家です。

< 経歴 >

1938 愛知県常滑市に生れる
1957 愛知県立常滑高校窯業科卒業
1962 現代日本陶芸展入選、常滑市立陶芸研究所入所
1966 独立
1972 ヴァロリス国際陶芸ビエンナーレ 国際名誉賞
1983 国際陶芸アカデミー(IAC)会員となる
1992 愛知県立芸術大学教授に就任(’04年名誉教授)
2001 オリベ賞
2005 中国文化賞
2008 日本陶磁協会賞 金賞
2009 ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅥ」出展
2011 ぎゃらりい栗本にて個展
2020 逝去

国内外にて個展・企画展・Work shop多数開催
その他入選・受賞多数

Chinese (Simplified)EnglishJapanese