川端 文男 FUMIO KAWABATA

横浜生まれの元グラフィックデザイナーである川端文男さん。備前土本来の生命力を表現する技法「自然練込」(同一箇所で採取した土を紐状に丹念に練り込み、土の表情を崩さないように手びねりで慎重に成型していくもの)による作品制作をされています。白く発色した土肌に現れるマーブル状の茶褐色の斑点は、本来の土が持つ生きた鉄分の姿・・・。焼成は穴窯で18日間かけて行われます。制作の多くを手間のかかる土づくりに当て、独自の矜持を持って制作される姿勢に感銘を受けます。古備前への造詣も深く、静謐な佇まいの黒備前や緋襷も手掛けます。

< 経歴 >

昭和23年 神奈川県横浜市に生れる
昭和49年 備前焼修行の為、伊部の窯元へ入る
昭和50年 金重利陶苑に入苑し、金重利右衛門に師事
昭和57年 伊部小家谷に築窯
昭和61年 日本工芸会正会員となる
平成 2年 田部美術館茶の湯造形展 田部美術館大賞
平成 3年 陶芸ビエンナーレ’91 佳作賞
平成 5年 陶芸ビエンナーレ’93 佳作賞
平成 6年 田部美術館茶の湯造形展 優秀賞
平成 7年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成10年 日本工芸会中国支部展 岡山県知事賞
平成11年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成14年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成15年 日本工芸会中国支部展 日本工芸会賞
平成21年 ぎゃらりい栗本にて個展
令和元年 ぎゃらりい栗本にて個展

 

Chinese (Simplified)EnglishJapanese