川端 健太郎 KENTARO KAWABATA

熊さんのような大柄な体躯に、はにかんだ笑顔が印象的な川端健太郎さん。ガラス釉・辰砂・青釉など、思想的でオリジナリティーある作品制作で注目を集める作家です。大胆かつ繊細な造形に、詩情ある釉薬表現は、見る人によって様々な感情を湧き立たせ、夢の世界へと誘うようです。

川端健太郎 土岐 磁器 オブジェ

< 経歴 >

1976 埼玉県に生まれる
1998 東京デザイナー学院陶器科卒業
2000 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2001 織部の心作陶展大賞
2003 カルージュ国際陶芸展入選
2004 第5回益子陶芸展加守田章二賞
2007 SOFA(シカゴ) 、パラミタ陶芸大賞展 大賞
2009 ハーバード大学にてワークショップ
2010 現代工芸への視点(東京国立近代美術館工芸館)
2011 ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅧ」出展
2017 ぎゃらりい栗本にて個展

全国各地にて個展、グループ展を開催

Chinese (Simplified)EnglishJapanese