鎌田 幸二 KOJI KAMADA

京都にて天目釉一筋に作陶活動を続ける鎌田幸二さん。卓越した轆轤による端正で格調高い造形。神秘的な宇宙を思わせるような繊細で眩い釉調は、人智を超えたロマンを感じさせる魅惑的な世界となっています。試行錯誤を繰り返す中で育まれるオリジナルの天目釉。毎回の窯焚きがテストのようなもの…と語る鎌田さんは、不安定な釉薬を真摯な思いと忍耐とで、美しい耀変へと変化させます。

鎌田幸二 京都 窯変天目

< 経歴 >

昭和23年 京都に生まれる
昭和43年 作陶を志し五条坂清水正氏の指導を受ける
昭和46年 京都府陶工訓練校専攻科修了
同校指導員となる
昭和48年 日本工芸会近畿支部展 入選
日本伝統工芸展 入選
昭和50年 日本陶芸展 入選
昭和51年 日本工芸会正会員となる
昭和62年 日本工芸会近畿支部展京都府教育委員長賞
昭和63年 清水卯一氏の薫陶を受ける
平成16年 ぎゃらりい栗本にて個展

全国各地にて個展開催

Chinese (Simplified)EnglishJapanese