金井 正 TADASHI KANAI

学生時代に荒川豊蔵先生の自宅に駆け込み、弟子入りを懇願するなど、ヤンチャで破天荒な経歴を持つ金井正さん。清水卯一先生(人間国宝)の内弟子として過ごした5年間の修行時代をベースに、磁器を中心とした作品製作をされています。卓越した轆轤技術と、意欲溢れる制作姿勢、そして工芸に対する熱い愛情と信念・・・。次世代に残すべき伝統工芸という主軸を固持しつつも、常に新鮮で新たな方向性にチャレンジする魅力溢れる作家です。2010年6月24日 59歳で急逝されました。

金井正 青磁 白磁 糸魚川

< 経歴 >

昭和26年 新潟県青海町に生れる
昭和46年 京都府立陶工専修職業訓練校に入る
昭和48年 人間国宝 清水卯一に師事
昭和49年 日本伝統工芸近畿支部展入選(以後連続5回)
昭和52年 第4回日本陶芸展 入選(以後1回入選)
日本伝統工芸展入選(以後入選を重ねる)
昭和53年 郷里新潟県青海町にて独立開窯
昭和57年 日本工芸新作展入選(以後3回入選)
平成 7年 日本伝統工芸新作展 奨励賞
平成10年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成11年 DAI ICHARTS(ニューヨーク)にて二人展
ぎゃらりい栗本にて個展
平成14年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成16年 ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅠ」出品
ぎゃらりい栗本にて個展
平成17年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成19年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成22年 逝去

ぎゃらりい栗本はじめ、各地にて個展開催多数

作品がありません。

Chinese (Simplified)EnglishJapanese