加藤 健 TAKESHI KATO

強靭ながらも柔らかい稜線が心地よいフォルム。淡雪が降り積もったようなぼってりとした釉調。地元の五斗蒔粘土を使い、半地下式穴窯とガス窯にて制作する加藤健さんの志野は、御本人そのままの穏かで優しさに満ちた佇まいです。長くお茶を嗜んでるからこその、茶を喫する事を前提にした使い心地の良さ。奇をてらわない、自然な志野の造形と釉調が魅力です。

加藤 健

< 経歴 >

昭和22年 土岐市の窯元に生まれる
昭和42年 多治見工業窯業専攻科修了
昭和46年 京都内田邦夫氏に師事
昭和48年 美濃肥田にて築窯独立
志野・織部等を研究し作陶に入る
昭和58年 穴窯築窯
平成 6年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成15年 ぎゃらりい栗本にて個展
平成25年 ぎゃらりい栗本にて個展

全国各地にて個展開催

作品がありません。

Chinese (Simplified)EnglishJapanese