加古 勝己 KATSUMI KAKO

京都・泉涌寺で磁器の染付を手掛ける家に育った加古勝己さんは、日本六古窯の地・丹波にて制作活動をされています。遊び心感じる独創性ある造形と釉薬による表現。ざんぐりした土味に現代的でありながらもどこか懐かしい感覚の佇まいが魅力です。

< 経歴 >

1965 京都市に生れる
1986 嵯峨美術短期大学陶芸科卒業
1991 兵庫県西脇市にて築窯
1994 京都工芸ビエンナーレ展 優秀賞
1995 現代工芸近畿展 近畿展賞
1997 朝日陶芸展 奨励賞
嵯峨大覚寺 花の陶展 大覚寺賞
2001 倒炎式単窯を築窯
2004 田部美術館茶の湯造形展 優秀賞
兵庫県篠山市に工房移転
2006 ぎゃらりい栗本にて個展
2010 現代茶陶展 奨励賞
2011 田部美術館茶の湯造形展 奨励賞
パラミタ陶芸大賞展(パラミタミュージアム)

その他入選・受賞多数、全国各地にて個展開催

作品がありません。

Chinese (Simplified)EnglishJapanese