大前 悟 SATORU OMAE

神戸に生まれの大前悟さんは、自然豊かな淡路島にて製作活動を続けています。完全地下式穴窯など自ら築窯した薪窯で、伊賀、信楽、唐津、備前、志野、李朝、楽など多彩な作品に取り組んでいます。自らも骨董マニアを自負するその確かな鑑賞眼と、貪欲なまでの造形と焼きに対するこだわり。古陶をこよなく愛し、それを物語として独自に研究・解釈することで、古陶を彷彿とさせる素朴ながらも存在感ある作品を制作しています。

< 経歴 >

1972 大阪に生まれる
1990 神戸にて陶芸を始める
1994 土を採取し始め、南蛮焼締を焼く
2001 信楽に移住、伊賀・信楽の窯変焼締を始める
2003 全地下式穴窯を築窯
2005 白磁や唐津などを焼き始める
2007 井戸茶碗や柿の蔕茶碗を穴窯焼成にて 挑戦し始める
2008 ぎゃらりい栗本にて個展
2010 兵庫県淡路市に移転、半地下式穴窯を築窯
 黒楽を焼き始める
2011 ぎゃらりい栗本にて淡路での初窯展
2013 ぎゃらりい栗本にて個展
2017 ぎゃらりい栗本にて個展

全国各地にて個展を中心に作品発表を続ける

Chinese (Simplified)EnglishJapanese