内村 慎太郎 Shintaro UCHIMURA

古陶磁に憧れ、高麗・李朝そして桃山時代のやきものに陶酔し、この世界に飛び込んだ内村慎太郎さん。遥か昔、高麗陶磁が日本人特有の美意識により見出されたのと同じように、其の受けつがれてき感覚を大切にされています。素朴ながらも、強靭で繊細なその作品世界をご覧ください。

< 経歴 >

1975 鹿児島県霧島山麓湧水町に生まれる
1995 国立鹿児島工業高等専門学校卒業
橋梁設計の仕事に従事するが、古陶に惹かれやきものの道に入る
2002 独立
2008 野村美術館にて個展
2019 田部美術館「茶の湯の造形展」入選
2020 現代茶陶展入選、美濃茶碗展入選
ぎゃらりい栗本にて個展

個展を中心に全国各地にて作品発表をつづける

Chinese (Simplified)EnglishJapanese