個展 開催終了

新里 明士 陶展

[会期]
2021年 4月 22日(木)~ 4月 27日(火) 会場:画廊イタリア軒

新里明士 白磁 蛍手

■ 新里 明士 陶展 AKIO NIISATO EXHIBITION
■ 会期:2021年 4月 22日(木)~ 4月 27日(火)10:00~17:00
*会期中無休、最終日は15:30まで
■ 会場:画廊イタリア軒(ホテルイタリア軒地下1階)
    新潟市中央区西堀通7番町1574
*画廊イタリア軒(新潟市)での巡回展です。

■ ごあいさつ
うぶすなの家茶会(十日町市)で、茶席の亭主を務めて頂いてから早6年……。
轆轤成形した磁土に穴を穿ち、透明釉を刷り込むことで生まれる「光器」を中心
に、国内外で高い評価をえる新里明士さんの新作展です。
有機的な緊張感ある稜線に、光の陰影が映し出す幾何学的な文様の世界。
工芸とアートが融合したような、思考性の高い表現としての器です。
新たな進化を続ける新里明士の現在(いま)を、是非ご清覧ください。

 

■ 新里明士 Akio NIISATO
1977年 千葉県生まれ
2001年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2004年 ぎゃらりい栗本にて個展(2006,2009,2014,2015,2021)
2005年 イタリア ファエンツァ国際陶芸展 新人賞
2008年 第3回パラミタ陶芸大賞展 大賞
2009年 第3回菊池ビエンナーレ 奨励賞
2011年 文化庁新進芸術家海外派遣制度により
            アメリカ・マサチューセッツ州にて制作
2013年 「現代の名碗」菊池寛実記念 智美術館
    ぎゃらりい栗本「陶のかたちⅩ」出展
2014年 MOA岡田茂吉賞 新人賞
2015年 「工芸の現在」菊池寛実記念 智美術館
             うぶすなの家茶会(十日町市)で亭主を務める
2017年 「現代の茶陶 利休にみせたい!」茨城県陶芸美術館
    「現代6作家による 茶室で見る磁器の現在」根津美術館
新里明士 白磁 光 土岐 新里明士 白磁 光 土岐

■ 個展作品をWEB個展ページにてご紹介いたします。
 是非ご覧ください。

■ 会期中、作家の茶碗にて一服お点ていたします。
お気軽にお立ち寄りください。
なお、ご来店の際は、入り口にあるアルコール消毒液にて手指の消毒をして
いただき、店内ではマスク着用にてご鑑賞ください。

新里明士陶展 WEB個展ページへ

関連記事

最近の記事

  1. 大前悟 個展 web exhibition 淡路島 net shop

    【WEB個展】 大前悟 陶展

  2. 大前悟 淡路島 鬼ヶ島 井戸茶碗

    大前 悟 陶展 ~淡路からの風~

  3. 八代淳子 軽井沢 漆器 漆芸 食器 作品更新

    八代淳子 作品更新

  4. 山田和 湯呑 志野 瀬戸黒 織部

    山田 和 作品更新

月を選択してください
Chinese (Simplified)EnglishJapanese