会期 2010年12月2日(木)−12月7日(火) 10:30〜19:00

会場 ぎゃらりい栗本

作家来店 12/2(木)−12/4(土)に在廊予定

ごあいさつ

   祖父は折々幼い小生をつれ散策をしたといいます。
   そんな二代 泥中蔵六が晩年、
      ”山里は 憂世につもる塵きえて 心地も清き松風の音”
   と記しています。
   いつのまにか小生も喜寿展を迎える様になりました。
   一碗でも皆様方のお心に残る作品があれば幸いです。

                  平成22年12月 四代 眞清水蔵六


四代 眞清水蔵六
   昭和  8年 三代 蔵六の長男として京都市に生まれる
   昭和31年 関西美術大学院修了
          以後 父のもとで作陶に従事
   昭和46年 四代 蔵六を襲名
   昭和59年 京都 野村美術館にて自撰展
          同年9月号より日本陶磁協会機関誌に「泥中閑話」を寄稿
   昭和62年 金閣寺落慶法要記念大茶会 香合謹製
   昭和63年 『蔵六 漫筆古陶録』 二代蔵六著を復刻
   平成  5年 金閣寺大書院の障壁画完成記念大茶会 茶碗謹製
   平成10年 唐津にて割竹式登窯(玄々窯)築窯

   ぎゃらりい栗本をはじめ、全国各地にて個展を中心に作品発表を続ける



呈茶席  12/2〜12/3には、地元流派による呈茶席を準備しております。







OPEN am10:30 〜 pm19:00   毎週水曜日定休
Coyright (C)2003  Gallery Kurimoto all rigths reserved.

〒940-0066
新潟県長岡市東坂之上町2-3-9
TEL/FAX 0258(32)9030 MAIL info■gallery-kurimoto.co.jp

京都 四代 眞清水蔵六 陶展  MASHIMIZU ZOROKU W EXHIBITION