NET GALLERY 今展の出品作品をご紹介致します。
是非ご高覧下さい。

注文方法  |  店舗情報  |  問合せ  |  International Orders
個展
 |  作家  |  茶碗  |  茶器  |  花器  |  酒器  |  湯呑  |  食器  | 
TOP

ぎゃらりい
栗本 新潟県長岡市東坂之上町2-3-9  TEL/FAX 0258(32)9030  MAIL info■gallery-kurimoto.co.jp
OPEN am10:30 〜 pm19:00   毎週水曜日/祝日定休
Coyright (C)2003  Gallery Kurimoto all rigths reserved.


山田和 陶展   KAZU YAMADA  EXHIBITION

会期:2017年 12月 7日(木)〜 12月 12日(火)10:00〜17:00 *最終日は15:30まで
会場:画廊イタリア軒(ホテルイタリア軒B1F)新潟市中央区西堀通7番町1574
作家在廊:12/7(木)〜12/10(日)午前中まで
ごあいさつ

  越前にて孤高の作陶活動を続ける、希代の茶陶アーティスト・山田和。
 23歳の時、生涯の師と仰ぐ加藤唐九郎先生との運命的な出会いを経て、それまでの
 前衛オブジェから、茶陶作家へと転身を果たします。
 師と共に歩み育まれた、桃山陶を髣髴とさせる重厚で静謐な仕事。
 さらには、洗練された感性により、独自の世界観へと昇華された創造性ある仕事。
 伝統と現代が絶妙に調和したその作品は、新たな時代の幕開けを予感させます。
 炎舞・志野・織部・黄瀬戸・瀬戸黒・伊賀・赫釉織部・彩色土偶・・・、
 意欲的に取り組んだ多彩な新作を、是非ご高覧いただければ幸いです。

山田 和  
Kazu YAMADA
  1954 愛知県常滑市生まれ
  父は陶芸家・山田健吉氏、伯父は人間国宝・三代山田常山氏
  1976 大阪芸術大学卒業
      福井県越前町にて築窯
  以後、加藤唐九郎氏の指導を仰ぎ茶陶制作を始める
  1988 ドイツにて穴窯制作(ヤン・コルヴィツ陶房)
  1989 ドイツにて作品制作、初窯
  1997 ぎゃらりい栗本にて個展(以後4回)
  2010 「茶事をめぐって-現代工芸への視点展」招待出品(京国立近代美術館工芸館)
  各地にて個展を中心に作品発表を続ける

会期中、山田和先生の茶碗にてご一服お楽しみ下さい。(10:00〜16:00)
  12/7(木) 石州流怡渓会    大越和舟庵 先生
  12/8(金) 江戸千家新潟不白会 中尾宗禮  先生
  12/9(土) 宗偏流新潟支部   亀山宗伊  先生
  12/10(日) 裏千家淡交会    大泉宗寿  先生
  12/11(月)、12(火)は影出しにて。


プレヴュー展開催:11/30(木)〜12/3(日)  於 ぎゃらりい栗本

炎舞志野茶碗

瀬戸黒茶碗、志野茶碗、赫釉織部茶碗青織部茶碗(左から時計回りに)

彩色陶人形各種