対州 武末日臣 陶展 TAKESUE HIOMI EXHIBITION

2008年9月11日(木)〜9月21日(日)10:30〜19:00

作家在廊は9/12〜14の3日間

呈茶席 9/12〜14には地元流派による呈茶席を準備させて頂きます。
       武末日臣氏の茶碗にて至福の一服をお楽しみ下さい。

ごあいさつ

  九州最北端の国境の島・対馬。
 その地において高麗李朝陶磁を手本とした茶味深い作品を手掛ける武末日臣氏の
 初個展となります。代々「対州国島大国魂神社」の神職という肩書きをもちながら、
 三十代半ばから彼の地に幾度も渡り古窯の発掘・調査を繰り返す日々。
 古陶磁の小さな陶片を師とし、山中での採掘から土作り、成形、焼成にいたるまで
 をたった一人でこなしています。
 土の素材を生かしつつ、蹴轆轤による伸びやかで素朴な姿が印象的な作品の数々。
 李朝陶工の匂いを感じさせる茶碗、水指、花入、うつわ、酒器など新作100点を
 ご紹介いたします。皆様のご高覧をお待ち申し上げております。

武末日臣 略歴

  1955年 長崎県対馬に生れる
  1973年 上対馬高校卒業後、上対馬役場に勤務
  1989年 高麗李朝陶磁研究のために渡韓
        井戸、三島などの古窯跡の発掘調査を行う
        以後、毎年渡韓し、調査研究に携わる
  1990年 武末家が代々務める「対州国島大国魂神社」の神職となる
  1994年 対馬大浦に築窯
  2008年 ぎゃらりい栗本にて個展

  その他全国各地にて個展を中心に作品発表を続ける


OPEN am10:30 〜 pm19:00   毎週水曜日定休
Coyright (C)2003  Gallery Kurimoto all rigths reserved.

〒940-0066
新潟県長岡市東坂之上町2-3-9
TEL/FAX 0258(32)9030 MAIL info■gallery-kurimoto.co.jp