兼田 昌尚 MASANAO KANETA

1953年 七代兼田三左衛門の長男として萩市に生れる
1977年 東京教育大学教育学部芸術学科彫塑専攻卒業
1979年 筑波大学大学院芸術研究科彫塑専攻終了
     父三左衛門につき作陶を始める
1981年 日本工芸会山口支部朝日新聞社賞受賞
1984年 九州山口陶磁展毎日新聞社賞受賞
1990年 西日本陶芸美術展通産大臣賞受賞
1997年 ぎゃらりい栗本にて個展
2004年 ぎゃらりい栗本「陶のかたちT」
2005年 天寵山窯八代を襲名
2008年 ぎゃらりい栗本にて個展
その他入選受賞多数
ブルックリン美術館・サンフランシスコ美術館・横浜総合美術館
など作品収蔵
全国の有名百貨店・ギャラリー・美術館にて作品発表

萩において、「刳貫技法」を用いた独自の作陶制作を続ける兼田昌尚氏。「刳貫」とは、土の塊を板で叩き締め、中を刳り貫くことで成型する技法。学生時代に彫塑を学ばれた経歴をもち、山の稜線を思わせる強靭な稜線によるフォルム、丹念に刳り貫かれた包容力のある懐が存在感ある姿となっています。登り窯でじっくり焼成された器肌は、灰被りをはじめ、白萩釉をベースに繊細で複雑な表情を見せてくれます。長い歴史に育まれた陶郷・萩において、陶芸家としての自己表現を真摯に見つめながら、新たな萩のステージを開拓する作家です。

BACK


F-838
兼田昌尚
萩刳貫ぐい呑(共箱)
売約済

F-840
兼田昌尚
萩刳貫ぐい呑(共箱)
売約済

F-836
兼田昌尚
萩刳貫割高台ぐい呑(共箱)
売約済

F-837
兼田昌尚
萩刳貫割高台ぐい呑(共箱)
売約済

F-839
兼田昌尚
萩刳貫ぐい呑(共箱)
売約済

F-492
兼田昌尚
萩刳貫割高台ぐい呑(共箱)
売約済

F-493
兼田昌尚
萩刳貫割高台ぐい呑(共箱)
売約済

F-110
兼田昌尚
萩刳貫湯呑(共箱)

売約済

注文方法  |  International Orders  |  個展  |  作家  |  茶碗  |  茶器  |  花器  |  酒器  |  湯呑  |  食器  |  TOP  

ぎゃらりい
栗本 新潟県長岡市東坂之上町2-3-9  TEL/FAX 0258(32)9030  問合せ: info■gallery-kurimoto.co.jp
Coyright (C)2003  Gallery Kurimoto all rigths reserved.