会期:2015年 6月11日(木)〜6月16日(火)10:00〜17:00 *最終日は16:00閉場

会場:画廊イタリア軒(新潟市ホテルイタリア軒B1F)

来店:6月11日(木)〜14日(日)の予定

ごあいさつ

  風情ある石畳の道沿いに、千本格子(さまのこ)造りの街並みが続く富山県高岡市の金屋町。
 その一角に、400年来の伝統を継承する鋳物師・畠春斎家があります。
 先代の意志を継ぎ、三代目として初めて臨んだ新潟の地での展覧会から早5年が経ちました。
 落ち着きのある格調高い釜肌に、端正ながらも重厚感ある静謐な佇まい。
 伝統技法を頑なに守りつつも、時代にあった茶の湯の釜の在り様を追い求める日々。
 クラシックな伝統美から、現代の新たな茶の湯スタイルを提案する新作まで、その多彩な仕事を
 展観いたします。この希少な機会に、是非ご高覧いただければ幸いです。



三代 畠春斎 略歴 ( SYUNSAI HATA )
     
  慶長年間に前田利長公が高岡に居城の折り、河内の国丹南より七人の鋳物師を招き
  金屋町に御印地を与え、移住させた内の釜屋彦兵衛の末裔にとして、茶の湯釜等の製造を家業とする。

  1976年 富山県高岡市に生まれる
  1996年 父二代春斎に釜造りを習う
  2007年 日本伝統工芸富山展 奨励賞
       第54回日本伝統工芸展 朝日新聞社賞
  2009年 日本伝統工芸富山展 県教育委員会賞
       日本伝統工芸会正会員に認定
  2010年 日本伝統工芸富山展 奨励賞
       二代畠春斎遺作展に襲名後初出展(ぎゃらりい栗本)
  2013年 日本金工展 朝日新聞社賞
       第60回日本伝統工芸展 NHK会長賞
       第7回佐野ルネッサンス鋳金展 第1部門大賞
  2015年 ぎゃらりい栗本にて個展

呈茶席:6/12(金)〜14(日)は、地元流派による添え釜を予定しております。
   立礼卓は、Shimoo Design(下尾和彦・下尾さおりのユニット作家)の御厚意により、
   デザイン性が高くシンプルで機能性のある、入れ子式立礼卓にてお手前をいたします。
   畠春斎の釜と、Shimoo Designの立礼卓が奏でる新たな茶の湯スタイルをお楽しみください。

プレヴュー展観:6月4日(木)〜7(日) ぎゃらりい栗本(長岡市)にて開催いたします。


注文方法  |  店舗情報  |  問合せ  |  International Orders
個展
 |  作家  |  茶碗  |  茶器  |  花器  |  酒器  |  湯呑  |  食器  | 
TOP

ぎゃらりい
栗本 新潟県長岡市東坂之上町2-3-9  TEL/FAX 0258(32)9030  MAIL info■gallery-kurimoto.co.jp
OPEN am10:30 〜 pm19:00   毎週水曜日/祝日定休
Coyright (C)2003  Gallery Kurimoto all rigths reserved.


三代 畠春斎  茶の湯釜展  SYUNSAI HATA EXHIBITION