BACK

1962年 東京に生まれる
1988年 松崎融氏に師事
1992年 国展初入選
1993年 益子にて独立
1994年 国展新人賞受賞
1997年 国画会会友に推挙さる
2000年 那須町に工房を移転
2006年 ぎゃらりい栗本にて個展
2010年 ぎゃらりい栗本にて個展
2014年 ぎゃらりい栗本にて個展
全国各地にて個展を中心に作品発表
一つ一つ丹念に手彫りをし、「朱漆」「黒漆」「拭漆」により装飾された温かみのある木のうつわ。樹齢100年を超える木を3年ほどしっかり寝かせ、全て刳貫による手作業で制作されています。熱湯や酢の物、塩分の強いものも気にせず盛れる軽くて上部なうつわは、使い込むほどにその表情を変化させます。朱の下からは黒、黒の下からは朱があらわれて「根来のような風合いへと変化するはずです。気さくで真面目な原さんの人柄と、どことなくぼってりとして懐かしい匂いを感じる作品。やきものとの相性も抜群ですから、日常使いにお楽しみください。
原 清  KIYOSHI HARA

D-136B
原清
栃呂色銀丸紋八角小台皿
売約済

D-148C
原清
栓朱漆七寸皿
売約済

D-117
原清
樅朱漆楕円台皿
売約済

D-132
原清
栓朱漆輪花盆
売約済

D-113
原清
栃石目塗割山椒
売約済

D-133A
原清
栓朱漆鎬角皿
売約済

F-481
原清
欅拭漆内朱片口
売約済

D-118
原清
栃拭漆十二弁盆
売約済

D-147
原清
栓呂色底朱十二角盆
売約済

D-134B
原清
たも拭漆内朱長方盆
売約済

注文方法  |  International Orders  |  個展  |  作家  |  茶碗  |  茶器  |  花器  |  酒器  |  湯呑  |  食器  |  TOP  

ぎゃらりい
栗本 新潟県長岡市東坂之上町2-3-9  TEL/FAX 0258(32)9030  問合せ: info■gallery-kurimoto.co.jp
Coyright (C)2003  Gallery Kurimoto all rigths reserved.